『高速バスター ミナル』の著者・木川明彦氏

高速バスター ミナル 表紙

2018年7月20日、友人である木川明彦氏が20年構想したという小説『高速バスター ミナル』を出版されました。
『ミナル』はクラウドファンディングによって出版資金を調達したものです。
実に今どきな出版手段ですよね。

気になった方は公式サイトをチェック!

『高速バスター ミナル』公式サイト

スポンサードリンク

木川氏との出会い

その木川さん。実は長い付き合いです。
私が月刊B-CLUBに「空想流行通信」を連載していたときの担当編集者でした。

つまり、初めてスタジオ・ハードにお伺いした際に高橋信之社長に紹介されたMX班にいた人物が木川さんだったのです。
その辺りのいきさつはこちらのブログで語っています。

後日正式に私の担当者と決まり、連載内容やタイトルを一緒に考えてくださいました。

連載中も次はどんなネタで行くのか常に頭の中に引き出しがたくさんあり、私ひとりでは思いつかないような切り口で提案してくださいました。

ウルトラシリーズに登場した女性宇宙人のみの特集とか、悪の美女を3回に分けてまとめるとか、宇宙に行く美女では日本の特撮に限らず伝説の名作『バーバレラ』を盛り込むよう提案してくれたり、特撮の本なのに『必殺仕事人』もOKだったり。

「空想流行通信」は木川さんなしには成り立たない連載でした。

木川氏の才能

木川さんは当時から多才な才能を盛大に無駄遣いされてる方でした(笑)
歌えるし、司会もできる、ネタもできる、映像も作れる、なんなら踊りもできたかもしれません。
そんな人物だったので、小説家になったのもその才能のほんの一部ではないでしょうか。

いやだってご本人の結婚式の二次会も相当おもしろかったですよ!
新郎オンステージという感じで、私たちを実に楽しませてくれました。
その後もずっと円満なご家庭でなによりです。

で、勢いで私の披露宴でも余興をお願いしたのですが、事前から会場スタッフに話題が広まり、木川さんの余興のときだけ式場の他の部署のお手すきの方たちがうちの会場に集まってしまうくらいの大盛況!
「披露宴付きイベント」と呼ばれたほどでした。
ゲストの皆さんが大変喜んでくださり、つくづく持つべきものは芸達者な友人だなと思いました。
どんな余興だったか具体的に書けないのが残念ですが、あんなに楽しい披露宴ってそうはないと思います。
まーうちは残念ながら離婚してしまいましたが、次の機会があったらまたお願いしたいくらいです(予定ないって)。

『ミナル』の前に出版された本

木川さんは『ミナル』を出版する前にすでに小説を出されています。
今回改めてご紹介させていただきます。

『万能!ゼロ艦隊』vol.1(小学館)1998年

記念すべきデビュー作。
ですが、のちにレーベル自体がなくなってしまい未完のまま終わったそうです。
挿絵は『ミナル』と同じ山下明彦さんが務められています。

『無敵万能ゼロ艦隊』上下(銀河出版)2005年

『万能!ゼロ艦隊』vol.1に加筆して完結させた小説。
『ミナル』の後日談で、ミナルと仲間も登場するそうです。
いかに『ミナル』の構想が長く明確だったかがわかりますね。
ぜひ『ミナル』を読んだ後にチェックしてみてください。

どちらも絶版になっているので、中古で検索すれば購入できるようです。

新刊『ミナル』を購入するには

実店舗では以下の3店舗のみで販売されています。

TSUTAYA BOOKSTORE

渋谷店
五反田店
神谷町駅前店

それ以外は通販で購入できます。

アサクラストア(スペースシャワー運営)

なんとサイン会も実施

9月1日には作者である木川明彦氏とキャラクターデザイン・挿絵を担当された山下明彦氏、

ダブル明彦

によるサイン会も開かれます!

ダブル明彦サイン会

場所 TSUTAYA BOOKSTORE 神谷町駅前店
日時 2018年9月1日(土) 14:00〜

サイン会ってあれですよね、マイク持って佐々木川明彦になり歌いながら会場を練り歩いて、サイン入りTシャツを来場者にぶん投げるってアレ。
違うの? やらないの? それは残念(笑)

ご興味がありましたらぜひ会場に足を運んでくださいませ。

飽くなき創作魂

こうして知り合いが新しいことに挑戦、成し遂げてる姿を見るとこちらも負けてられないなーと思わされます。
私もものを作る人間として、大いに刺激されますね。
小説家・木川明彦の今後に注目していきます。

私もちょっと新しいことが見つかったので、がんばりますよ!
内容については近々ご報告ができるといいなー、と思っております♪

スポンサードリンク